STAUBのおかげでした①「高野豆腐の炊き合わせ」

STAUBのおかげでした①「高野豆腐の炊き合わせ」

近頃はすっかり涼しくなったブリスベン。

晴れ渡る空ときりりと澄んだ空気に、秋の訪れを感じます。

久々にほっこり素朴な炊き合わせが食べたくなりました。

Sponsored Links

先日は調理器具BONIQをレシピとともにご紹介しましたが、

今回はこれまたお気に入りツールの「STAUB」をご紹介!

紹介するまでもなく結構有名なこちら。

ずっしりと重い鋳物(いもの)ホーロー鍋です。

 

少ない水分量で火入れでき、

煮炊きものが格段に美味しく仕上がります。

おすすめはピコ・ココット・オーバル27cm

 

お肉やお魚の収まりが良く、

また長方形のダイニングテーブルに置く際もバランスが取りやすく、

おしゃれにまとまります。

いろんな色がありますが、鋳物鍋の無骨さが良い塩梅で漂う

グレーブラックがイチオシ。

 

「高野豆腐の炊き合わせ」の作り方

 

材料 4人分(STAUB ココ・ピコット・オーバル27cmに半分くらい)

・高野豆腐 60g

・鶏もも肉 200g

・にんじん 1本

・オクラ 4本

★干し椎茸 6枚

★水 350cc

☆砂糖 大さじ1.5

☆みりん 大さじ2

◎水 300cc

◎白だし 大さじ1

◎薄口しょうゆ 小さじ1.5

◎塩

・油

 

作り方

①具材の下ごしらえをする

⑴ ★(干し椎茸と水350cc)をレンジOKの容器に入れ、レンジ(500〜600W)で2分30秒温める。そのまま15分置く。

⑵ 戻した椎茸を絞り(※戻し汁も使うので捨てないでください!)、傘の部分を一口大に切る。茎の部分は使わない。

⑶ 高野豆腐は50℃程度のお湯に1分程度つけて戻し、軽く絞って一口大に切る。

⑷ にんじんを乱切り、または1cm厚の輪切りにして花型で抜く。

⑸ 鶏もも肉の皮や脂を取り除き、一口大に切る。

 

②オクラ以外の具材を煮る

⑴ ストウブに油を引き火にかける。鍋がしっかり熱くなったら鶏肉を入れ表面に焼き色をつける。

⑵ 下準備した干し椎茸とにんじんを⑴に入れ、全体に油を回すように軽く炒める。

⑶ 椎茸の戻し汁全部と☆(砂糖とみりん)を混ぜ合わせ⑵に加え、アクを取りながら5分煮る。

⑷ ◎(水300cc、白だし、薄口醤しょうゆ、塩)を混ぜ合わせて⑶に加える。

⑸ 下準備した高野豆腐を加えて蓋をし、弱火で10分煮る。

 

③オクラを茹でる(STAUBで煮ている間に)

⑴ 別の小さな鍋に水を張り、塩(分量外)を加えて火にかける。

(※目安:水500ccに対して、塩小さじ1程度)

⑵ オクラの額とヘタの先を取り除く。

⑶ ⑴がしっかり沸騰したらオクラを加えて、中火で2分30秒茹でる。

⑷ 茹で上がったオクラは水でさっと洗って冷まし、キッチンペーパーで水気を拭く。

⑸ 斜め半分に切る。

 

④盛り付ける

②の炊き合わせと③のオクラを盛り付ける。

炊き合わせは出来立てよりも、冷めてからの方が美味しいです。

オクラは電子レンジ調理だと筋が残る感じになるので、

面倒ですが塩茹でをお勧めします。

 

お好みでわさびとともにどうぞ。

 

 

Lily

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

レシピカテゴリの最新記事